« 2005年01月 | メイン | 2005年03月 »

2005年02月27日

11:00~の関東地区蜻蛉談話会に出席するために、午前中大学にきて、論文の印刷など。東大の電子ジャーナルには、EcologyやEcological Applicationの新しい論文がなくて不便。しょうがないから明日図書館でコピーしようと思ったら明日は休館日だそう。明後日からは外出するし、先週コピーしておくべきだったなあ。
談話会に初めて参加。タイリクアカネの分布(大雑把にいって、西日本と北日本に分布しており、なぜか東日本にはいない)を決めている要因に関する議論が面白かった。火曜日に環境研にいったときに少し議論してみよう。

投稿者 taku_kadoya : 17:51 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月25日

今日は入試だし、天気も悪いし、家でのんびり仕事をすることに。最近、これからの研究のスタンスなどを考えることがあるのだけど、「問題解決型研究」というキーワードを検索してみると、「問題発見型研究」ができる大学という文章がありました。保全の分野で必要なスタンスは、「問題解決型」>「問題発見型」な場合が多いかもしれないけど、決して「問題発見型」研究が必要ないというわけではないだろうなあ。

投稿者 taku_kadoya : 11:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月24日

学校訪問

小学校にいってきました。研究生活の様子や研究の進め方(仮説検証サイクル)の話などをすると「地道だなぁー」とのつぶやき声。そう地道なんです。研究が地道なものだという印象をもってもらえたのは収穫だったかもしれません。世の中にはこんな地道なことを楽しんでやってるひともいるんだなと思ってもらえれば幸い。

投稿者 taku_kadoya : 17:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月22日

輪読

夕方から環境研へ。今書いている論文の相談と輪読会のため。本は「Insect Physiological Ecology」。

投稿者 taku_kadoya : 20:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月20日

先週は、輪読会ばかりで、論文の直しがちっともはかどらなかった。予定をいれた自分のせいですが。今週はやっと集中してできるかな。論文を書くときには「英語論文によく使う表現」を愛用しています。

投稿者 taku_kadoya : 12:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月18日

来週、調査にいっている小学校で、
「先輩と語る」というテーマで何人かで話をすることになりました。
①少年時代の夢と生活
(生徒達の年代や、ご自身の少年時代の流行、遊び。少年時代、ご自身が何をされて
成長したのかなど、お好きなことをお好きなようにお話し下さい。)
②今の仕事(学業・研究など)に至るまでのいきさつ
(きっかけ・動機)
③今後将来、何をしていきたいか。
(夢や将来への希望)
という点について話してほしいとのこと。いやー語るほどのものは…..と照れてみても授業は進まないので、一応何を話すか考えておかないと。

投稿者 taku_kadoya : 11:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月17日

明日担当の輪読会のレジュメ(宮下研でやっているHanskiのメタ個体群の教科書)をつくっていたら、「オッカムの剃刀」の論理を無批判に使ってはいけませんという話がでてきた。きいたことはあるけど、意味をしらなかったので調べてみた(>オッカムの剃刀)。つまり、無駄は省きましょうということですね。でも何が無駄かは時と場合によりますと…。うーんこの論理から何か得るものはあるのかな。最終的に到達した結論をあとから正当化するための論理か?

何とか輪読会の準備は終わったけど完全に理解したとは言い難い。
内容は、「ふつう個体の発現形質は
■個体の表現型=遺伝要素+環境要素+遺伝×環境交互作用
で決まるというモデルで考えるけれども、実際は環境要素は、
■環境要素=非生物要素+対象個体の形質発現に影響を及ぼす形質の個体群内平均
に分けられるので、環境要素も進化するというモデルがつくれる。
このモデルをメタ個体群に持ち込むとどうなるか」という話。複雑だなあ。

投稿者 taku_kadoya : 12:34 | コメント (3) | トラックバック

2005年02月16日

昨年から続けてきていた統計の輪読が終了しました。なかなか勉強になった。
先日、先生の蔵書から掘り出した岩波の雑誌「科学」のvol.72,No4 2002の特集が研究者としての人生とは?というタイトルだったので、電車の中での暇つぶしに読んでました。この号から、入來篤史氏の「研究者人生双六講義」という連載が始まっていて面白かったので全部読みたいなとおもってウェブで検索したら、になっていました。さっそく明日読んでみよう。

投稿者 taku_kadoya : 16:09 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月14日

 午前中は、みんなで先生の蔵書の整理。見返りとして、いらなくなった本を色々いただける。午後は輪読会の準備を終わらせよう、と思っていたのに、今週末締め切りの書類が事務から送られてきて、それを書いていたら半日終わってしまった。
  

投稿者 taku_kadoya : 18:43 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月11日

三連休

に行楽という学生らしからぬ行動にでたのがたたって関越は大渋滞。あーあ。

投稿者 taku_kadoya : 08:09 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月10日

頼まれて

Rubyでつくったプログラムを他のパソコンで動かすのは結構めんどくさそう。フォルダだけコピーしたらすぐつかえるようになったら便利なんだけど。そのうち良い方法がみつかるかな。

投稿者 taku_kadoya : 18:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月09日

セミナーの

発表者は今日は3人。どの人の発表も結構面白かった。サクラソウの話とシードバンクの話とリモセンの話。 購入希望図書リストにはぬかりなく新しくでた水生昆虫図鑑と昆虫学事典もいれておいた。

投稿者 taku_kadoya : 21:25 | コメント (0) | トラックバック

研究室で購入する書籍の整理。なんかをやっているうちにあっという間に時間がたってしまった。18:00~研究室セミナー

投稿者 taku_kadoya : 13:56 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月08日

輪読会は

10時から始まって、主催者の意欲に支えられて20時まで延々続く。しかも中立進化の話に入ってから急に難しくなってきて、最後の方は頭が飽和状態。 2週間前から先生に見てもらっていた論文原稿が帰ってきた。こういう原稿では「まだ十分にorganizeされていない」といわれますね、とのこと。さすがに今日は疲れたので、明日から直すことにして研究室をでる。

投稿者 taku_kadoya : 21:38 | コメント (0) | トラックバック

Population Genetics

の輪読会があるので満員電車覚悟で少し早めに家をでた。今回の担当は淘汰が作用する色々な様式の概観とシフティングバランスセオリーについての章。数カ月前に準備した内容なので、今朝パラパラみてみたらすっかり忘れてた。うーん。

投稿者 taku_kadoya : 09:03 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月07日

モブログ

と世の中ではよぶそうですが、携帯から投稿できるようにしてみました。なんだか字が小さく表示されるけど、まあ携帯で書いたのがすぐにわかっていいか。これからフィールドに行く日も増えてくるので、そんなとき役立つでしょう。

投稿者 taku_kadoya : 18:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月06日

頼まれ計算プログラムの作成など。プログラムといってもひたすら回帰を繰り返すだけのもの。以前に石井さんと相談していたのを結局、僕がつくるのを引き受けたというわけ。

投稿者 taku_kadoya : 13:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月05日

ベトナムに行く前に途中までやっていたデータの打ち込みなどをして、お休みモードの頭をウォームアップする。亜熱帯地方に行くといたるところ生き物であふれていると思っていたけど、ホーチミン市の周辺は郊外にいたるまで、人間のインパクトが強い感じだった。メコン河口の方まで足をのばしたけれども、トンボも2種(ウスバキトンボとハラボソトンボの仲間)しかみなかった。季節のせいもあるのかなあ。
 ベトナムの人も、日本と同じで昔は、トンボの飛ぶ高さで天気を予測していたそう。

投稿者 taku_kadoya : 14:40 | コメント (2) | トラックバック

2005年02月04日

一週間ほどベトナムにいってきました。昆虫採集!ではなくて、観光&社会勉強で。かなりリフレッシュしたので、また明日から頑張らねば。

投稿者 taku_kadoya : 17:39 | コメント (0) | トラックバック