|記録の目次へ|トップページへ|


2004年3月27日

茨城県石岡市にある研究拠点で池作り。レベルを測りながら土手を作ったあと(まるで土手鍋のよう)、掘り込んで防水シートをかぶせる。その上に砂を敷いて、霞ヶ浦の底から取ってきた泥をまきだし水を張ったら出来上がり。ここでは、シードバンクとトンボの調査が両方できます。水が完全に入る前に日が暮れてしまったので、ちゃんと池になった写真はまた後日。

2004年3月25日

月曜,火曜と輪読会(>2004年2月12日)のために千葉県検見川の緑地植物実験所にいってきた.行くのは初めてだったけど,静かで学問するのにはとても相応しいところという感じがした.丸二日かけてテキストをすべて読むという方法.これも初めてだったけど,一気にやると,テキスト全体のつながりが見えてよかった.それに刺激されて(?)前から企画していた統計の輪読会のためのページをつくった.

2004年3月16日

研究室のフィールドの一つになっている鬼怒川に行ってきた.礫河原が広がっている.かなり寒かったにも関わらずモンキチョウの幼虫が礫の隙間から生えたミヤコグサを食べていた.

2004年3月9日

6日に関東地区の生態学関係修士論文発表会があった.植物関連の会場と動物関連(+その他)の会場に分かれていて,トンボの研究をしているので動物の会場での発表.植物の会場のほうがずっと人数も多くて熱気があった感じ.動物分野でも、フキノメイガの性フェロモンの組成比の個体群内における変異の話やツキノワグマによるヤマザクラの種子分散の話など面白い発表もいくつかあった。

2004年3月4日

リンクのページに,ウェブページをつくるときに使っているプログラムの紹介を加えた.

2004年3月3日

15:00〜21:30まで虫ゼミと研究室ゼミ.虫ゼミでは,霞ヶ浦湖岸の植生帯復元に関わる調査をしているM1の研究の相談など.結構参加人数も多くて盛り上がった.

Population Genetics統計本の輪読会が4月から新たに始まる事が決まり,輪読会乱立の様相を呈してきました.

2004年3月2日

先週末は友人の結婚式などなどであわただしく過ぎて,いつのまにか2月も終わってしまった.明日は久しぶりに「虫ゼミ」が開かれます.といっても話題は「虫」じゃないので,そろそろ,なんでもありのお茶会として発展的に解消してもいいかな.


2004-03-09更新