|記録の目次へ|トップページへ|


2004年11月26日

「その他」のページにメモの欄をつくりました。

2004年11月1日

久しぶりの更新。研究室で昨年度から行っているTRENS in Ecology & Evolutionの輪読会のページを作りました。

2004年9月19日

今日は石岡に調査に行って来ました。ビオトープ池にも成熟して赤くなったナツアカネやアキアカネやらが飛んでいて季節はもうすっかり秋になってきています。今年も(外で)データがとれる季節が過ぎ去ろうとしていると思うと多少焦燥感が。それにしても石岡市は今日は街中がお祭り(関東3大祭りの一つ)でどこに行っても御輿だらけで小学校に近づけず難儀しました。そんなわけで時間との勝負(13:00からメインストリートは交通規制が敷かれる)だったので、ナツアカネもアキアカネも写真なしです。

2004年8月14日

今年作った実験池にショウジョウトンボがやってきました(写真)。直射日光があたると腹を垂直にあげる姿勢をとります。これは体温調節のためと言われています。見ていると時々垂直に飛び上がっては元の位置に戻るという行動を繰り返していました。この行動も体温調節と関係あるのかもしれません。

ドイツで見てきたトンボ編2:ドイツでは昆虫採集が全面的に禁止されています。学会では特別に許可をとって採集が可能になりました。このエゾトンボ:Somatochlora metallicaももちろん採集許可のある場所で採(撮)ったものです。メタリカという学名の通り全身メタリックカラーのカッコイイトンボです。

2004年8月13日

久しぶりに机に向かう時間ができたので、更新します。

ドイツで見てきたトンボ編:学会はシュベリンというドイツ北東部の都市の近郊で行われました。寒いだけあってトンボも種数が少なく、優占種の個体数が多い印象。ちなみにヨーロッパ全体でも亜種を入れて高々160種程度しかいないそうです(ヨーロッパのトンボのリスト)。カワトンボ:Calopteryx splendens (写真)、マンシュウイトトンボ:Ischnura elegans(写真)、グンバイトンボ:Platycnemis pennipes (写真1写真2)が最も多くみられました。

2004年7月23日

なんだか慌しくてすっかり更新が滞っています。明日から学会出席のためドイツに行ってきます。 帰ってくるともう8月になってるので、今月の記録はこれだけかな....


2005-01-15更新